イオン銀行のカードローン

イオン銀行




実質年率 3.8%〜13.8% 限度額 10万円〜800万円
(10万円単位)
保証人 不要 口座開設 不要

インターネットによるイオン銀行お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンのインターネットによる契約申込み

※イオン銀行の口座をお持ちでない方


ネットバンクにログイン後、契約申込み

※イオン銀行の口座をお持ちの方




30万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆


キャッシングQ&A

親元を離れられていない未成年がお金を借りるには
未成年への融資は、まだ自分で責任を持てる年齢ではありませんし、原則として法律的には認められていません。 ただし例外として、未成年に融資できる金融会社もあります。 その際、20歳以下の方がお金を借りるには次の条件を守りましょう。 未成年にも融資できる例外はあると言いましたが、18歳以下(高校生)にはいかなるケースも融資はできません。 それを前提として、18歳〜20歳までの融資には親(保護者)の同意書が必要になります。 先述しましたが、20歳以下には責任能力が問われませんので、仮に何の保証もなく融資した際は金融会社の責任となり、その契約自体が無効になります。 例えば既に借り入れをしていたとしても、20歳以下の債務者には返済する義務はなく、金融会社の損失という形で決着します。 それを回避するために保護者の同意書が必要になるのです。 同意書があれば、契約した20歳以下の債務者が返済できなくても、親に責任が生じることになります。 また、いくら同意書があっても審査は本人の条件が考慮されるため、仕事をしており安定した収入がないことには契約できません。 これはアルバイトでも構わないので、キャッシング契約をしたいなら何かしらの仕事を見つけてはじめてみましょう。 そして18歳からの融資を対象としているキャッシング会社に申し込みをすることです。 例えば学生キャッシングと呼ばれるものがありますが、学生に合わせた審査基準で提供しているので、20歳以下の人には利用しやすい条件になっていますが、できるだけ借りないで済む方法を考えましょう。