アコムのカードローン

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム




実質年率 3.0%〜18.0% 限度額 800
万円
保証人 不要 最短
即日融資

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み ※1

※1 インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


店頭窓口による契約申込み ※2

自動契約機による契約申込み ※2

※2 今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申込みを行った上で窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。


郵送による契約申込み

30万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★☆☆
三菱UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆


キャッシングQ&A

法人カードの種類もいくつかございます
世の中には、たくさんのクレジットカードが存在しておりますが、個人向けクレジットカードが多い中、法人向けクレジットカードもたくさんございます。 企業の役員の方とか出張が多い方などが企業専用のクレジットカードを持つことで、ビジネスカードとコーポレートカードと呼ばれる2種類のカードがあります。 多くの企業は、ビジネスカードを使うことが多いと考えられます。 それは、少人数の会社であったり、利用回数が少ないような会社で作られることが多く見られます。 また企業としての歴史が浅くても、三年間の実績があり、二年間連続で黒字実績であればカード発行が出来るシステムになっていることから、新しく企業を興して展開して行く企業家にとっては、便利なカードと言えるのでしょう。 またビジネスカードは、カードの発行できる枚数にも限りがあり、個人事業主とか中小企業に適したカードと言われています。 これに対し、コーポレートカードと呼ばれるものは、主として大企業が使う経費決済カードの意味合いをなしています。 主に接待、出張等に使われることが多く、利用限度などは部署ごとに決められることも多いのでした。 またキャッシング機能も付いていることから、信頼度は相当高くなっているのです。 変ったところでは、福利厚生カードなる存在もあるのです。 法人に属する人たちや職域生協の組合員と呼ばれる人たちに対し、発行されるカードです。 このように法人カードには、3種類があると考えて良いのではないでしょうか。