国民生活センターとは

国民生活センターを正しく理解して利用する情報

「国民生活センターとは、購入した商品に関する苦情や問い合わせを公正な立場で対応している機関です。 具体的な例は、次の通りです。 1.通信販売で購入した商品を業者がクーリングオフに応じない。 2.高額な解約金を請求された。 3.インターネットでアダルトサイトに誘い込まれ高額な料金を請求された。 4.身に覚えの無い請求書が届いた。 5.国民生活センターを名乗る人から勧誘された。 上記のようなトラブルに巻き込まれたら、自分で解決するより国民生活センターに相談した方が早期のトラブル解決に繋がります。 その他にも、@〜Bのようなことをおこなっています。 @トラブルの実態を把握して被害に遭った人から情報を集めます。 その情報をトラブルの防止に役立てます。 1.こんなトラブルが発生した2.こんな納得のいかない対応をされたなど実際に発生したトラブルをホームページの消費者トラブルメール箱に書き込むことができます。 書き込まれた内容を収集して調査・分析し統計に活用しています。 A身の回りで起こるトラブルについて裁判を起こすことなく、ADR(裁判外紛争解決手続)を活用してトラブルを解決をします。 1.裁判だとお金も時間もかかり面倒2.相手との直接交渉では解決しそうにないこのような案件は、ADRでの解決が有効です。 トラブル解決手段のひとつとして考慮する価値が有ります。 B借金の返済に充てるために他者の金融業者から借り入れを繰り返し、自転車操業状態に陥った方の相談に乗ります。 自分の力だけでは、どうすることも出来なくなります。 そういった多重債務の相談は、全国に点在する消費生活センターでも受け付けています。 自分で解決するより早期解決、公正な判断によりトラブル解決を希望する方は、窓口で直接相談をしましょう。

関連ページ

固定金利・変動金利とは
固定金利と変動金利、そのメリット・デメリットに関する情報を公開しています。
保証人とは
あまり知られていない保証人の責任と権利に関する情報を公開しています。
多重債務者とは
多重債務者とは
約定返済とは
約定返済とは
マイカーローン(自動車ローン)とは
マイカーローン(自動車ローン)とは
日歩とは
日歩について知りたい方はコチラ!
みなし利息はこちら
みなし利息が気になる方へお役立ち情報をお伝えしています!