固定金利・変動金利とは

固定金利と変動金利について

住宅ローンなどの長期に返済する借入には固定金利と変動金利の2つがあります。 固定金利にはずっと金利が変わらない全期間固定の金利と段階的に金利が変動する段階金利とがあります。 段階金利は一般的には10年後に金利が少し上がるように設定してあります。 固定した金利のメリットは契約締結時にトータルの支払額や金利などがわかっているという点です。 将来設計、資産管理をするのに具体的な金額で計算できるため、しっかりした計画が立てられます。 また、契約後に市中の金利が上がったとしても変動することなく契約締結時の金利が続き、後から返済金額が増えるということがありません。 反面、市中の金利が下がっても、金利が変わらないので損に感じることもあります。 変動金利には通常の変動金利のものと固定金利選択型や上限金利型のものがあります。 通常、5年単位で金利を見直し、金利が変動しますが、125%ルールというものがあり、前の金利より125%以上金利が上昇しないことになっています。 これをベースに一定期間金利が固定されるものが選択型です。 それとは別に金利は少し割高だが、上限金利が設定されていて一定の金利以上にならないのが上限金利型です。 通常は見直しごとに125%まで金利上昇する可能性があるので上限金利型はそれよりも安定してしています。 固定の金利と変動の金利をミックスしたミックス型もあります。 ミックス型は例えば7対3や半々の割合で固定と変動を組み合わせたものです。 変動の金利のメリットは市中の金利が下がった場合には利益がありますが、反面金利が上昇するリスクもあります。 よってミックス型や上限金利型などリスクを考慮した商品が考えられています。

関連ページ

国民生活センターとは
国民生活センターを正しく理解して利用する情報に関する情報を公開しています。
保証人とは
あまり知られていない保証人の責任と権利に関する情報を公開しています。
多重債務者とは
多重債務者とは
約定返済とは
約定返済とは
マイカーローン(自動車ローン)とは
マイカーローン(自動車ローン)とは
日歩とは
日歩について知りたい方はコチラ!
みなし利息はこちら
みなし利息が気になる方へお役立ち情報をお伝えしています!